アラブゼミについて

セミといえばやはりアブラゼミですね。
私も小さい頃はアブラゼミを撮るのに夢中になったものです。

アブラゼミは北海道から九州まで日本全国に分布しており、とても身近な虫です。
7月から9月の上旬ぐらいまでの間に最も多く見かけるのですが、最近は温暖化で気温が上昇しているというのもあるのか10月や、場合によっては11月までアブラゼミの鳴き声を聞くことがあります。

私はアブラゼミを採るときはいつも網を使っていたのですが、なかなかうまく取ることができずにいつも父親にとってもらっていたのを覚えています。

父親がアブラゼミを取る時にはいつも手のひらでアブラゼミを木の幹に押し付けるようにして捕まえていたので、私も真似をしたことがありますがなかなかうまくいきませんでした。

このアブラゼミですが実は都心では少しずつ数が減少していると言われており、都市部の温暖化やクマゼミはミンミンゼミなどとの種間競争が原因なのではないかといわれているそうです。